FC2ブログ

治癒院だより

身体の健康と心の癒しをお届けする治癒院のメッセージです

誤謬(ごびゅう)-62

誰でも手軽に出来る実験を通じて右脳の作用(超能力・霊能力とも言われる)を会得し、
宇宙の真実人間の本質を悟る対話形式の連載形態ブログです。
1話完結ではありませんので前の記述もご覧ください。

登場人物  ちー坊 (^θ^) 好奇心旺盛な紅顔の美少年(?)
        ゆー君(^-^) ちー坊の親友
        インちゃん(*^_^*) ちー坊のクラスメイト
        ゆう爺(^0_0^) 博学多識、厚顔の好々爺(笑)

(^0_0^) おゥ、そーぢゃったノ。
      人・・・・・・というか、つまり・・・・・・意識体としてのエネルギーぢゃナ、
      ワシがいつも言う意識のことなんぢゃが、
      それぞれの意識には帰属する集団があってナ、
      すべての意識が地球で自然発生したわけではないんぢゃ。
(^-^) ????
(^0_0^) 霊団とか星系団とかいう単位にまとまっているのヨ。
(^-^) 何ですか、それ?
(^0_0^) 意識の出身母体ぢゃ。
      地球人もモトをただせば宇宙人ぢゃからナ。
      ひとり単独で地球にやってきたわけではないのヨ。
      集団で何回かに分けて移住してきたわけなんぢゃ。
(^-^) 本当ですか!?
(^0_0^) 宇宙の構成を考えてみぃ。
      地球は宇宙全体から見たらどういう位置にある?
(^-^) どういうことですか?
(^0_0^) 地球が銀河系に属しとるのは知っとろう?
(^-^) はい。
(^0_0^) 銀河系は宇宙の中心に位置しとるのか?
(^-^) 中心とは思えないですね。
(^0_0^) なぜそう思えないんぢゃ?
(^-^) 銀河系が宇宙の中心ならもっと多くの星が見えるはずです。
(^0_0^) ほぅ、それはまたどういうわけでぢゃナ?
(^-^) ビッグバンで宇宙が出来て四方に星が散っていった、
      そういうふうに聞いています。
      どこかの方角だけに偏った散り方をしたとは思えませんから、
      どの方向でも大体同じような散り方をしたはずです。
(^0_0^) フムフム、それで?
(^-^) だとしたら、どの方角でも同量の星が見えるはずですが、
      実際は星の少ない方角もあれば多い方角もあります。
      銀河系が宇宙の中心ではないということではありませんか?
(^0_0^) その通りぢゃ。
      ワシらの銀河系は宇宙の隅にあるといってもいい。 
      そしてワシらが住んでいる地球は銀河系の端にある。
(^-^) それは分かってます。
(^0_0^) 宇宙のあらゆるものはビッグバンで発生した、
      そう言われとるわいナ?
(^-^) はい。
(^0_0^) 宇宙の中心でビッグバンが起きて万物が生成しているのに、
      人類だけが地球で発生したと考えるのは不自然ではないか?
      もし、不自然ではないと言う人がおれば、
      人類は万物以外の存在ということになる。
(^-^) ????
(^0_0^) 万物はビッグバンで生成し、ビッグバンは宇宙の中心で起こった。
      地球は宇宙の片隅に存在しており、人類は地球で発生した。
      これは矛盾ではないか?
(^-^) そうですね。
(^0_0^) 人類は地球で発生したのではないということヨ。
      宇宙の中心で人類の意識が生まれた。
      長い年月の末、人類の意識の一部はいま地球にも存在している。
      そう考えるのが無理がなく自然ぢゃろ?
(^-^) そう言われればそうですね。
(*^_^*) じゃ、地球人はどこから来たのですか?

つづく
(^θ^)(^0_0^)クリックありがとうございます ⇒にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
(^-^)(*^_^*)よければ励ましのクリックを ⇒



             《《 前の記事 | この記事のトップ | 次の記事 》》

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ビッグバンと人類のお話、興味深かったです。

≫宇宙の中心で人類の意識が生まれた。
そう考えるのが無理がなく自然ぢゃろ?

なるほど。確かにおっしゃる通りです。
銀河系の端っこにある地球人だけが
宇宙に存在していると言うのは、
愚かで傲慢な考えですね。

☆バーソ☆ | URL | 2012-10-05(Fri)19:09 [編集]


☆バーソ☆さん

コメント有難うございました。

興味を持って頂けて何よりです。
少しずつではありますが現代の誤謬を指摘し、
誰でも無理なく自然に受け入れられる方向で、
いろいろ開陳していきたく思っております。
今後ともよろしくお願い致します。

chiyuin | URL | 2012-10-06(Sat)11:19 [編集]