FC2ブログ

治癒院だより

身体の健康と心の癒しをお届けする治癒院のメッセージです

肘を曲げたら-2

対話形式の連載形態ブログです。
1話完結ではありませんので
前の記述ご覧ください
登場人物  ちー坊 (^θ^) 好奇心旺盛な紅顔の美少年(?)
        ゆー君(^-^) ちー坊の親友
        インちゃん(*^_^*) ちー坊のクラスメイト
        ゆう爺(^0_0^) 博学多識、厚顔の好々爺(笑)


(^θ^) 今やってもいいんじゃない?
(^0_0^) 何をぢゃ?
(^θ^) 味変え。
(^0_0^) 肘を曲げて、か?
(^θ^) そーだよ。
      どーせやるんだから、今ここでやったっていいじゃん。
(^0_0^) ムム・・・・・
(*^_^*) いけないのですか?
(^0_0^) いや、イカンことはないが・・・・・・・
(^-^) じゃ、しましょうよ。
(^0_0^) そーぢゃのぉ・・・・・・・
(^θ^) いいじゃん、やろーよ。
(^0_0^) よし、判った。
(^θ^) ンじゃ、準備するよ。
      飲物は何かある?
(^0_0^) 水でよかろうが。
(^θ^) カルキ抜き?
(^0_0^) あぁ、検証だけならそれで充分ぢゃ。
(^θ^) うん、分かった。
(ちー坊は水を入れた水差しとグラス6個を用意した)
(^0_0^) 水は浄水器を通していないよナ?
(^θ^) うん、生の水道水だよ。
(^0_0^) よろしい、では始めよう。
(*^_^*) あ、私が注ぎます。
(インちゃんは6個のグラスに均等に水を注ぎ、
 ゆー君とちー坊と自分の前に2個ずつ置いた)
(^0_0^) 仕方は判っているナ?
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ、分かっています。
(3人は目の前に1個、離して1個、グラスを置いた)
(^0_0^) 小さく前に倣えの要領で、肘を曲げて、手を出して、
      グラスが両手の間にくるように位置を調整する。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(3人は肘を直角に曲げて、手をテーブルから浮かし、
 左右の手の中間にグラスがくるようにした)
(^0_0^) 両手の間隔は反応を一番強く感じる所で止める。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(3人は肘を身体につけたまま、両手の間隔が開くところまで広げ、
 次いで、徐々に両手の間隔を狭めて、反応の強いポイントを探った)
(^0_0^) いいか?
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(^0_0^) まず、カルキを抜く。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(3人は自分が宇宙エネルギーと一体化したイメージを描き、
 「グラスの水、カルキ抜けろ」と念じる)
(^0_0^) 反応が変化したら、次はグラスを入れ替えて、
      カルキを倍に増やす。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(3人はグラスを入れ替えて、小さく前に倣えの状態で、
 両手の間隔を調整して最も反応の強いポイントを探り当て、
 宇宙エネルギーと一体化したイメージを描き、
 「グラスの水のカルキ、倍になれ」と念じる)
(^0_0^) 反応が変化したら止めていいぞ。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(3人はテーブルに手を置いた)

つづく
(^θ^)(^0_0^)クリックありがとうございます ⇒にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
(^-^)(*^_^*)よければ励ましのクリックを ⇒



             《《 前の記事 | この記事のトップ | 次の記事 》》

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する