FC2ブログ

治癒院だより

身体の健康と心の癒しをお届けする治癒院のメッセージです

右脳の味覚-6

誰でも手軽に出来る実験を通じて右脳の作用(超能力・霊能力とも言われる)を会得し、
宇宙の真実人間の本質を悟る対話形式の連載形態ブログです。
1話完結ではありませんので前の記述もご覧ください。

登場人物  ちー坊 (^θ^) 好奇心旺盛な紅顔の美少年(?)
        ゆー君(^-^) ちー坊の親友
        インちゃん(*^_^*) ちー坊のクラスメイト
        ゆう爺(^0_0^) 博学多識、厚顔の好々爺(笑)


(^0_0^) 理屈?
(^-^) あ、済みません。
      適切な言葉が思い浮かばなかったもので・・・・・・・・
(^0_0^) 理論的背景みたいなものが聞きたいのか?
(^-^) はい。
(^θ^) 理論理屈っていう言い方があるから、理屈だっていいんじゃないの?
(^0_0^) イカンとは言っとらん。
      ただノ、理屈の頭には「へ」を付けられやすいんぢゃ。
(*^_^*) アハハ。
(^θ^) インちゃん、何がおかしいの?
(*^_^*) だって、理屈の頭に「へ」を付けたら屁理屈になるじゃない。
(^θ^) そっか、ゆう爺は屁理屈って言われたくないんだ。
(^0_0^) 屁理屈呼ばわりされて喜ぶ人間は居るまいが。
(^θ^) そりゃまァ。
(^0_0^) ぢゃがノ、屁そのものが悪いわけではない。
(^θ^) 何がね、屁は臭
(くさ)かし下品かやんね。
(^0_0^) 「屁なりとてあだなるものと思うなよ、ブッという字は仏と書くなり」
(^θ^) 何それ?
(^0_0^) 狂歌ぢゃ。
(*^o^*) アハハハ・・・・・・・・可笑しい。
(^θ^) そんな可笑しい?
(*^o^*) だって、おならの音が仏様だなんて・・・・・・・・
(^0_0^) ちなみに、何で屁をおならと言うか知っているか?
(*^_^*) いいえ、知りません。
(^θ^) 奈良に関係ある?
(^0_0^) 奈良の人たちが怒るぞ。
(^θ^) 違うん?
(^0_0^) 大違いぢゃ。
(^θ^) ンなら何?
(^0_0^) 「お鳴らし」という女御言葉から来ているんぢゃ。
(^θ^) へ~!
(^0_0^) 何ぢゃそりゃ、シャレか?
(^θ^) うんにゃ、マジ感心したと。     
(^0_0^) そーか、ならいい。
(^-^) あのォ、ゆう爺、理論的背景は?
(^0_0^) おゥそうか、そーぢゃった、ついつい屁のような話になってしまったノ。
      要は右脳の作用ぢゃから、つまるところ波動なんぢゃ。
(^θ^) 屁も波動じゃろ。
      臭いも漂うし音も聞こえるけん。
(^-^) ちー坊、せっかく話が戻ったのに、混ぜ返さないでよ。
(^θ^) ゴメン。
(^0_0^) 意識は焦点を合わせた対象の波動を感知するのぢゃ。
(^-^) それは分かります。
(^0_0^) 意識は時間空間の制約を受けない。
(^-^) それも分かります。
(^0_0^) 意識の焦点を合わせた対象物は五官で感知しうる全ての波動を発しておる。
(^-^) はい。
(^0_0^) その中から「食」に関係する波動を取り込んでいるのヨ。
(^-^) 「食」の波動だけ取り入れるフィルターがあるのですか?
(^0_0^) フィルターを通すのではない。
      正確に表現すると、対象物の「食」に関する波動に意識の焦点を合わせたのぢゃ。
(^-^) なるほど。
(^0_0^) 意識が捉えた対象の波動は右脳に伝わる。
      それが左脳で味覚や触覚として復元されるのヨ。
(^-^) 分かりました。
(^0_0^) 納得いったかノ?
(^-^) はい。

つづく
(^θ^)(^0_0^)クリックありがとうございます ⇒にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
(^-^)(*^_^*)よければ励ましのクリックを ⇒



             《《 前の記事 | この記事のトップ | 次の記事 》》

スポンサーサイト



PageTop

右脳の味覚-5

誰でも手軽に出来る実験を通じて右脳の作用(超能力・霊能力とも言われる)を会得し、
宇宙の真実人間の本質を悟る対話形式の連載形態ブログです。
1話完結ではありませんので前の記述もご覧ください。

登場人物  ちー坊 (^θ^) 好奇心旺盛な紅顔の美少年(?)
        ゆー君(^-^) ちー坊の親友
        インちゃん(*^_^*) ちー坊のクラスメイト
        ゆう爺(^0_0^) 博学多識、厚顔の好々爺(笑)


(^0_0^) 自分が宇宙エネルギーに満たされたイメージが出来たら、
      目の前のコップの水に意識を集中させるんぢゃ。 
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(^0_0^) そして、飲んだつもりになって、味や舌触りなどを調べてみる。
      温度や匂い、喉ごしなども感じてみるのぢゃ。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(^0_0^) 出来たか?
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ・・・・・・・・
(^0_0^) 何となく「こんなもんかな?」という気がしたら、それでええ。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(^0_0^) 何となくでも、味の確認が出来たか?
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(^0_0^) では、次ぢゃ。
      宇宙エネルギーと一体化したら、もうひとつのコップの水に意識を集中する。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(^0_0^) 意識が集中できたら、口に含んだつもりで確認してみる。
      さっきと同じく、舌触り、味、温度、匂い、喉ごしなどをナ。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(^0_0^) 出来たか?
(*^_^*) 何となくでもいいですか?
(^0_0^) もちろん。
      最初から明瞭に判るなど考えんほうがいい。
(^-^) 分からなくてもいい、ということではないですよね?
(^0_0^) 右脳の作用の実験結果を確認して「判りません」は禁句ぢゃ。  
      自分の言葉でいいから、具体的に表現するようにせにゃならん。
(^-^) はい。    
(^0_0^) どうぢゃナ、ちー坊はどっちがカルキ抜いた方か判ったかノ?
(^θ^) うん、こっちがカルキ抜いた方。
(ちー坊は一方のコップを指差した)
(^0_0^) ゆー君ちインちゃんもカルキ量の違いは判ったかナ?
(^-^) 僕はこっちがカルキを抜いた方で、こっちがカルキを増やした方だと思います。
(*^_^*) 私は、こっちが抜いた方で、こっちが増やした方のような気がします。
(ゆー君とインちゃんはそれぞれコップを指差した)
(^0_0^) では、実際に飲み比べて確認してみなさい。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(3人はコップを手に取り、それぞれ飲み比べて味の確認をした)
(^0_0^) どうぢゃナ?
(^-^) 合ってました!
(*^_^*) 私も!
(^0_0^) ちー坊は?
(^θ^) ボクは初めてやるわけじゃないから。
(^0_0^) 合ってたんぢゃナ?
(^θ^) うん。
(*^_^*) これって、スゴイことなんですよね!?
(^0_0^) そーぢゃヨ、誰でも出来ることではあるが、やった人はスゴイんぢゃ。
(*^_^*) これで、私も見ただけで味が分かるんですよね!?
(^0_0^) イヤ、まだ無理ぢゃ。
(*^_^*) どうしてですか、いま出来たじゃないですか?
(^0_0^) 今のは比較しただけでしかない。
      まだホントに味が判ったとは言えんのぢゃ。
(*^_^*) そんなァ・・・・・・・・
(^0_0^) 比べるものがなくても、ちゃんと判るようにならねばイカン。
(*^_^*) ・・・・・・・・
(^0_0^) いいかナ、甘いものと辛いものを比べたら、どちらが甘いかすぐ判る。
      そんなものは初歩の初歩でしかないのヨ。
      ひとつだけ味見して、どの程度の甘さや辛さか判らねばいかん。
      そうなってはじめて、見ただけで味が判ると言えるのぢゃ。
(*^_^*) どうすればそうなれますか?
(^0_0^) 右脳の作用ぢゃ、実践あるのみ。
(*^_^*) いっぱい実践したら分かるようになるのですね?
(^0_0^) そうぢゃヨ。
(*^_^*) 食事の度、口に入れる前に味をイメージして、
      実際に食べて確認してみてもいいのですか?
(^0_0^) おぉおォ、それで充分ぢゃ。
      イメージするとき、宇宙エネルギーとの一体化を忘れんようにしてナ。
(*^_^*) ハイ、分かりました、家でもやってみます。
(^0_0^) うんうん、それがええ。
(^-^) ゆう爺、これができるのはどういう理屈なのですか?

つづく
(^θ^)(^0_0^)クリックありがとうございます ⇒にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
(^-^)(*^_^*)よければ励ましのクリックを ⇒



             《《 前の記事 | この記事のトップ | 次の記事 》》

PageTop

右脳の味覚-4

誰でも手軽に出来る実験を通じて右脳の作用(超能力・霊能力とも言われる)を会得し、
宇宙の真実人間の本質を悟る対話形式の連載形態ブログです。
1話完結ではありませんので前の記述もご覧ください。

登場人物  ちー坊 (^θ^) 好奇心旺盛な紅顔の美少年(?)
        ゆー君(^-^) ちー坊の親友
        インちゃん(*^_^*) ちー坊のクラスメイト
        ゆう爺(^0_0^) 博学多識、厚顔の好々爺(笑)


(^0_0^) どうぢゃ?
(^-^) やっぱり、よく分かりません。
(*^_^*) なんか掴めそうな気がするけど、そこまで。
(^0_0^) ちー坊はどうぢゃ?
(^θ^) 比べたら違うような気はするけど・・・・・・・
(^0_0^) ハッキリ判らんてか?
(^θ^) うん。
(^0_0^) いくつか、大事なことを忘れとりゃせんか?
(^θ^)(^-^)(*^_^*) 大事なこと?
(^0_0^) 右脳の作用を使うときに一番大事なことは何ぢゃ?
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ????
(^0_0^) 何ぢゃ、判らんのか?
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ・・・・・・・・
(^0_0^) ヒントは宇宙エネルギーぢゃ。
(^θ^) 一体化のイメージ?
(^0_0^) そーぢゃ。
(^θ^) したよ。
(^0_0^) いつ?
(^θ^) カルキを抜いたり増やしたりしたとき。
(^0_0^) 右脳の味覚で味を確認するときは?
(^θ^) しとらん
(方言解説:していない)
(^0_0^) なして
(方言解説:どうして)せんかった(方言解説:しなかった)
(^θ^) カルキ抜きとカルキ増やしのときしたから。
(^0_0^) 毎回せにゃ詰るもんか。
(^θ^) そーね!?
(^0_0^) 何回も言うたろーが。
      右脳の作用を使うときは宇宙エネルギーと一体化しとかにゃ
      
(方言解説:「しとかにゃ」=「していなければ」)効果は出んて。
(^θ^) そらぁ分かっとるばってん、さっきしたけん、もう良
(よ)かろて思うて。
(^0_0^) そげな横着かことしたらイケン。
      右脳の作用を使うときは必ず一体化したイメージをせにゃいかん。
(^θ^) うん、分かった。
(^0_0^) なら、もう1回ナ。
(^θ^) はい。
(3人は宇宙の中心から宇宙エネルギーが光となって自分に流入し、
 自分が宇宙エネルギーに満たされている様子を強くイメージした)

つづく
(^θ^)(^0_0^)クリックありがとうございます ⇒にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
(^-^)(*^_^*)よければ励ましのクリックを ⇒



             《《 前の記事 | この記事のトップ | 次の記事 》》

PageTop

右脳の味覚-3

誰でも手軽に出来る実験を通じて右脳の作用(超能力・霊能力とも言われる)を会得し、
宇宙の真実人間の本質を悟る対話形式の連載形態ブログです。
1話完結ではありませんので前の記述もご覧ください。

登場人物  ちー坊 (^θ^) 好奇心旺盛な紅顔の美少年(?)
        ゆー君(^-^) ちー坊の親友
        インちゃん(*^_^*) ちー坊のクラスメイト
        ゆう爺(^0_0^) 博学多識、厚顔の好々爺(笑)


(^θ^) それじゃ、自分の前のどちらかのコップに意識を集中して。
(^-^) ちょっと待って!
(^θ^) 何、ゆー君?
(^-^) カルキ抜きの確認はカルキを抜いた方から先に味見するのじゃなかった?
(*^_^*) そうよ、舌にカルキが残っちゃうから、
      カルキ増やした方を先に味見しちゃったらいけないんじゃない?
(^θ^) えっ、あ、そーだよね。
      ゆう爺、これって、どーなるの?
(^0_0^) 大丈夫ぢゃ、舌で味を確認するのは左脳の味覚なんぢゃから、
      どっちから味見しようと右脳の味覚には関係ない。
(^θ^) そーなの?
(^0_0^) ま、いいから続けてみぃや。
      どっちが先でも一向に構わん。
(^θ^) うん、分かった。
      じゃ、進めるね。
      コップの水に意識を集中して、ゴクッと飲む。
      あ、飲んだつもりになるだけだからね。
(^-^)(*^_^*) 飲んだつもりって言われても。
(^θ^) できない?
(*^_^*) むつかしそう。
(^-^) これでいいのかな?
      飲んだつもりになって、水が喉を通っていくイメージをしたけど。
(^θ^) そうそう、それでいい。
(*^_^*) じゃ、私もイメージしてみる。
(インちゃんは水を飲んだ喉の感覚をイメージした)
(*^_^*) うん、なんとなく飲めたみたい。
(^θ^) では、次いくね。
      もうひとつの水に意識を集中して、飲む。
      あ、飲んだつもり、ね。
(ゆー君とインちゃんは水を飲んだ喉の感覚をイメージをした)
(^θ^) さっきの水と今飲んだのを比べてみて。
(^-^)(*^_^*) ・・・・・・・・・
(^θ^) どう?
(^-^)(*^_^*) 分かんないよ。
(^θ^) も1回やってみて。
      2つの水を飲んだつもりで、比べてみて。
      同じ感覚しかないか、ちょっとでも違う感覚があるか、だけど。
(ゆう君とインちゃんは2つの水の飲んだイメージを比べた)
(^-^) よく分かんないナ。
(*^_^*) ちょっと待って、なにか違うみたいな気がする。
(^θ^) どう違う?
(*^_^*) なにか、ね、舌の周りに張り付くような・・・・・・
(^θ^) 両方とも?
(*^_^*) ううん、ひとつだけ。
      もうひとつはそんなの感じない。
(^0_0^) では、もう1回確認してごらん。
      ちー坊も一緒にやってみぃ。
(3人は2つの水を飲み比べたつもりで、味のイメージをした)

つづく
(^θ^)(^0_0^)クリックありがとうございます ⇒にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
(^-^)(*^_^*)よければ励ましのクリックを ⇒



             《《 前の記事 | この記事のトップ | 次の記事 》》

PageTop

右脳の味覚-2

誰でも手軽に出来る実験を通じて右脳の作用(超能力・霊能力とも言われる)を会得し、
宇宙の真実人間の本質を悟る対話形式の連載形態ブログです。
1話完結ではありませんので前の記述もご覧ください。

登場人物  ちー坊 (^θ^) 好奇心旺盛な紅顔の美少年(?)
        ゆー君(^-^) ちー坊の親友
        インちゃん(*^_^*) ちー坊のクラスメイト
        ゆう爺(^0_0^) 博学多識、厚顔の好々爺(笑)


(^0_0^) 浄水器は通してないよナ?
(^θ^) うん。
(^0_0^) よろしい。
      3人とも味変えは毎日やっているか?
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(^0_0^) よし。
      では、1つはカルキを抜いて、もう1つはカルキをふやすんぢゃ。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(^0_0^) では、始め!
(3人は最初にカルキ抜きを始めた)
   カルキの抜き方 ⇒ http://chiyuin.blog69.fc2.com/blog-entry-273.html
(^0_0^) カルキ抜いたら、次はふやす方ナ。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(3人はコップを入れ替えて、カルキを増やし始めた)
   カルキの増やし方 ⇒ http://chiyuin.blog69.fc2.com/blog-entry-274.html
(^0_0^) 出来たか?
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(^0_0^) 3人とも、どれがカルキを抜いたほうで、
      どれがカルキを増やした方か、判っているわノ?
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(^0_0^) では、目をつぶれ。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハ?
(^0_0^) いいから、3人とも目をつぶるんぢゃ。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(3人は目をつぶった)
(ゆう爺は3人がカルキ量を変えたコップを動かして位置を変えた)
(^0_0^) 目、開けていいぞ。
(^θ^) 何をしたと?
(^0_0^) コップを入れ替えたんぢゃ。
(^θ^) なして
(方言解説:どうして)
(^0_0^) どっちがカルキ抜いた方か判らんようにするためぢゃ。
(^θ^) あぁ、そーか。
(^0_0^) ちなみに、自分の目の前にあるコップは自分が変えたコップではないからノ。
(^θ^) なして
(方言解説:なぜ)そげな(方言解説:そのような)ことを?
(^0_0^) 自分が変えたのは飲み慣れとろうばってん、
      人が変えたのは飲んだことなかろうからぢゃ。
(*^_^*) その方が分かりやすいのですか?
(^0_0^) 逆ぢゃ。
(*^_^*) は?
(^0_0^) 飲み慣れた味ならイメージしやすいが、
      慣れていない味はイメージしにくい。
      思い込みを防ぐための方便ぢゃ。
(*^_^*) ???
(^0_0^) まぁいい。
      とりあえず、人が変えたので実験してみようというのヨ。
(*^_^*) はい。
(^-^) 僕の前にあるのはちー坊が変えたのだったらいいな。
(*^_^*) どうして?
(^-^) ちー坊が変えたのならハッキリ変化しているはずだから、分かりやすいと思ってサ。
(*^_^*) アラ、私がしたのは分かりにくいってこと?
(^-^) いや、そういうわけでは・・・・・・
(*^_^*) 腕が悪くて悪うございましたわね。
(^-^) イヤ、そういうつもりは・・・・・・
(^0_0^) いやいや、インちゃんが変えたのもしっかり変化しておるぞ。
(*^_^*) わ、嬉しい
(^0_0^) では、ちー坊、実験を進めなさい。

つづく
(^θ^)(^0_0^)クリックありがとうございます ⇒にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
(^-^)(*^_^*)よければ励ましのクリックを ⇒



             《《 前の記事 | この記事のトップ | 次の記事 》》

PageTop

右脳の味覚-1

誰でも手軽に出来る実験を通じて右脳の作用(超能力・霊能力とも言われる)を会得し、
宇宙の真実人間の本質を悟る対話形式の連載形態ブログです。
1話完結ではありませんので前の記述もご覧ください。

登場人物  ちー坊 (^θ^) 好奇心旺盛な紅顔の美少年(?)
        ゆー君(^-^) ちー坊の親友
        インちゃん(*^_^*) ちー坊のクラスメイト
        ゆう爺(^0_0^) 博学多識、厚顔の好々爺(笑)


(ある日ある時)
(*^_^*) あの~、ゆう爺
(^0_0^) 何ぢゃナ?
(*^_^*) 教えてくれるって約束でしたよね?
(^0_0^) 何をぢゃ?
(*^_^*) ちー坊は習っているけど、まだ私たちは教えてもらっていません。
(^θ^) ン、そんなのあったっけ?
(*^_^*) あるわよ~。
(^0_0^) 何を習いたいんぢゃ?
(*^_^*) カルキ抜いた水とカルキふやした水をちー坊が飲まないで当てたでしょ?
(^0_0^) そんな実験やったかノ?
(^-^) しましたよ、僕も覚えています。
(^0_0^) そーか、ちー坊に教えたことはもちろん君らにも教えるが、
      それを習いたいのか?
(*^_^*) ハイ。
      美味しいものをどれだけ食べたって絶対に太らないんでしょ
(^0_0^) あぁ、右脳の味覚のことか。
      たしかにどれだけ味見しようと太ることはない。
(*^_^*) 教えてくれますよね?
(^0_0^) ちー坊はどうぢゃ?
(^θ^) えッ、ボク?
      どーして、ボクに訊くの?
(^0_0^) ・・・・・・・・
(^θ^) ボクに教えろってこと?
(^0_0^) そーぢゃ。
(^θ^) 断れないんだろ?
(^0_0^) 判っているではないか。
      人に教えるのが自分にとって最大の勉強になるんぢゃ。
(*^_^*) よろしくね、先輩
(^θ^) 同級生です
(*^_^*) 右脳の作用は、セ・ン・パ・イ
(^θ^) 分かったよ、分かりましたよ、教えりゃいいんでしょ
(^0_0^) なら、始めぇや。
(^θ^) 材料は?
(^0_0^) 水もってこいや。
      カルキの有る無しを確認すりゃええ。
(^θ^) うん、分かった。
      じゃ、二人ともボクと一緒に来て。
(3人はキッチンへ行き、水を入れたコップを2個ずつ持ってきた)

つづく
(^θ^)(^0_0^)クリックありがとうございます ⇒にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
(^-^)(*^_^*)よければ励ましのクリックを ⇒



             《《 前の記事 | この記事のトップ | 次の記事 》》

PageTop

肘を曲げたら-6

対話形式の連載形態ブログです。
1話完結ではありませんので
前の記述ご覧ください
登場人物  ちー坊 (^θ^) 好奇心旺盛な紅顔の美少年(?)
        ゆー君(^-^) ちー坊の親友
        インちゃん(*^_^*) ちー坊のクラスメイト
        ゆう爺(^0_0^) 博学多識、厚顔の好々爺(笑)


(^0_0^) 反応が変化したら止めていいぞ。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(やがて、3人は手を下ろした)
(^0_0^) 味見してみなさい。
(^-^) えっ、もう味見するのですか?
(^0_0^) 時間を置きたいか?
(^θ^) その方がちゃんと変化するっちゃないと?
(^0_0^) カルキ抜きは自信ないか?
(^θ^) 自信はあるよ。
      いつもやってるもん。
(^0_0^) だったらそんなに時間を置かなくてもいいぢゃろ。
(^θ^) でも・・・・・・
(^0_0^) ハンデと考えたらどうぢゃ。
(^θ^) ハンデ?
(^0_0^) さっき肘を曲げてカルキ抜きした水は充分時間が経っているよナ?
(^θ^) うん、まァ。
(^0_0^) 変化する時間は充分あったわけぢゃろ?
(^θ^) ま、そーだね。
(^0_0^) それに比べると、今カルキを抜いた方は変化時間が短いわけぢゃ。
(^θ^) ウン、それは分かる。
(^0_0^) ちゅーことは、ぢゃ。
      肘を曲げてカルキを抜いた水は肘を伸ばした方より変化は大きい筈、
      とゆーことにならんか?
(^-^) そうか、それでハンデと考えろ、と。
(^0_0^) ま、そーゆーことぢゃ。
(^θ^) ハンデなんか与えて、
      肘曲げた方が変化が大きかったらどうするの?
(^0_0^) どうもせんわい、その時はその時ぢゃ。
(^θ^) ・・・・・・・・
(^0_0^) ま、味見してみぃ。
(3人は肘を曲げてカルキ抜きした水と、
 肘を伸ばしてカルキ抜きした水を飲み比べた)
(^0_0^) どうぢゃ?
      違いはないか?
(^-^) 肘を伸ばしてカルキ抜きした方が飲みやすいです。
(*^_^*) 私も。
(^0_0^) ちー坊はどうぢゃ?
(^θ^) 何でだろ、カルキは両方とも抜けているのに、
      飲みやすさが違うんだよね。
(^0_0^) どっちが飲みやすい?
(^θ^) 肘を伸ばした方。
(^0_0^) みな一緒か。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(^0_0^) ハンデ付けてもこの結果ぢゃ。
      肘は伸ばした方がいいと判ったろう。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。      

つづく
(^θ^)(^0_0^)クリックありがとうございます ⇒にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
(^-^)(*^_^*)よければ励ましのクリックを ⇒



             《《 前の記事 | この記事のトップ | 次の記事 》》

PageTop

肘を曲げたら-5

対話形式の連載形態ブログです。
1話完結ではありませんので
前の記述ご覧ください
登場人物  ちー坊 (^θ^) 好奇心旺盛な紅顔の美少年(?)
        ゆー君(^-^) ちー坊の親友
        インちゃん(*^_^*) ちー坊のクラスメイト
        ゆう爺(^0_0^) 博学多識、厚顔の好々爺(笑)


(^θ^) ふ~~ん。
(^-^)(*^_^*) ・・・・・・・
(^0_0^) なんぢゃ、どーした?
(^θ^) さっきよりカルキが薄くなってるような気はするけど・・・・・・・
(^0_0^) けど、何ぢゃ?
(^θ^) これが元の水道水かどうかは分からないじゃん。
(^0_0^) 元の水道水なら水差しに残っていよーが。
(^θ^) アそーか、これと比べればいいんだ。
      でも、空いたグラスはないよ。
(^0_0^) 比べてみたいか?
(^θ^) 当り前じゃんね。
(^0_0^) なら、グラス持ってこいや。
(^θ^) ウン、分かった。
(ちー坊が空のグラスを3個持ってきた)
(インちゃんが水差しの水を注ぎ分ける)
(^0_0^) よし、比べてみなさい。
(3人はたった今インちゃんが注いだ水と、
 「元に戻れ」と念じた水を比べ始めた)
(^0_0^) どうぢゃナ?
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ・・・・・・・・・・
(^0_0^) どうした?
(^-^) あまり良く分かりません。
(^0_0^) 何が?
(^-^) 両方の違いです。
(*^_^*) 私も。
(^θ^) これ、同じになってるみたい。
(^0_0^) そーか、同じと感じるのなら元に戻ったということぢゃ。
(*^_^*) エーッ、ホントに
(^0_0^) 違いを感じなかったのぢゃろ?
(*^_^*) ええ、まぁ。
(^0_0^) 違いが無いなら同じということぢゃ。
(^-^) そんなことも出来るのですね。
(^0_0^) 右脳の作用は無限の能力とつながっているからナ。
(^θ^) でも、実力は有限なんだよね。
(^0_0^) そーぢゃ、そこに3次元生活の面白さがある。
(^-^) 有限の実力を無限の能力に近づける努力、ですか?
(^0_0^) 努力と捉えるか、楽しむための過程と捉えるか、ぢゃナ。
(^θ^) 元に戻したら、次はどうするの?
(^0_0^) 今度は肘を曲げずにカルキ抜きをやる。
(^-^) あ、そうか、肘を曲げてやったのと比べるのですね?
(^0_0^) そーぢゃ。
(^-^) それなら、元に戻した方じゃなく、
      何もしていない水の方が良くはありませんか?
(^0_0^) 元に戻った確信が持てない水を使うより、
      その方が公正な検証ができると思ったか?
(^-^) はい。
(^0_0^) ではそうしなさい。
(^-^) はい。
(3人はインちゃんが比較用に水差しから注いだグラスを手に取った)
(^0_0^) 肘を曲げないいつもの方法でカルキを抜くのぢゃ。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(3人は宇宙の中心から出た宇宙エネルギーが自分に流れ込んで、
 自分が宇宙エネルギーに満たされているイメージを描き、
 伸ばした両手にグラスの水の反応を掴み、
 「グラスの水、カルキ抜けろ」と念じ始めた)

つづく
(^θ^)(^0_0^)クリックありがとうございます ⇒にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
(^-^)(*^_^*)よければ励ましのクリックを ⇒



             《《 前の記事 | この記事のトップ | 次の記事 》》

PageTop

肘を曲げたら-4

対話形式の連載形態ブログです。
1話完結ではありませんので
前の記述ご覧ください
登場人物  ちー坊 (^θ^) 好奇心旺盛な紅顔の美少年(?)
        ゆー君(^-^) ちー坊の親友
        インちゃん(*^_^*) ちー坊のクラスメイト
        ゆう爺(^0_0^) 博学多識、厚顔の好々爺(笑)


(^0_0^) 反応が変化したら、止めていいぞ。
      暫く待ってから味見するといい。
(3人は手を戻した)
(^θ^) さっきはすぐ味見したよ。
      今度は何で暫く待つわけ?
(^0_0^) 3人とも、味変えは毎日やっとるんぢゃろ?
(^θ^)(^-^)(*^_^*) やってます。
(^0_0^) 肘は曲げずにやっとるんぢゃろ?
(^θ^)(^-^) ハイ。
(*^_^*) 私は少しだけ曲げてます。
      あ、腕や肩が辛くならないように、ホンの少しだけですよ。
(^0_0^) ま、それは伸ばしてるのと一緒ぢゃからナ。
      つまり、3人とも腕を伸ばして毎日味変えをしている。
      そーゆーことよナ?
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(^0_0^) とゆーことはそれなりに腕も上がっているわけヨ。
      ぢゃから、時間をあまり置かずに味見させたのぢゃ。
      ちゃんと変化していたろうが。
(^θ^) でも、インちゃんは変化が浅いって言ってたよ。
      もうちょっと置いておけばちゃんと変化したんじゃないの?
(^0_0^) イヤ、そうはならん。
(^θ^) なぜ?
(^0_0^) たしかに極僅かな変化の上乗せはあるが、
      「変った!」と言うほどの変化の違いにはならん。
(^-^) どうしてですか?
(^0_0^) 変化の進行速度が違うからぢゃ。
      それがベテランとそうでない人の差でもある。
(^-^) ベテランなら時間を置かなくてもいいのですか?
(^0_0^) ま、そーなのぢゃが、ひとくちにベテランといっても、
      いろんな分野、いろんな種類があるからノ、
      すべてにおいてベテランちゅーのは、まず無理よナ。
      味変えひとつとっても、変える対象、変える程度や量など、
      初めてやる人と慣れた人では差が出てくる。
(^-^) カルキの増減はベテランでも、元に戻すのは素人だ、と?
(^0_0^) 素人ちゅー言い方にはトゲを感じるが、
      ま、初めてやることに違いはない。
(*^_^*) だから、味見までに時間を置いたのですか?
(^0_0^) ま、そーゆーことぢゃ。
(^θ^) なんか、釈然としないなぁ。
(^0_0^) そうかもしれんナ。
      いずれ、これについては詳しく話すことがあると思う。
      手の感覚の意味するものとか、なぜ手の感覚なのか、とかナ。
      そのとき判る筈ぢゃ。
(^θ^) ふ~ん、そーなんだ。
(^0_0^) もう味見してもいいぢゃろ、確認してみなさい。
(3人はグラスを手に持って、水を口に含んだ)

つづく
(^θ^)(^0_0^)クリックありがとうございます ⇒にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
(^-^)(*^_^*)よければ励ましのクリックを ⇒



             《《 前の記事 | この記事のトップ | 次の記事 》》

PageTop

肘を曲げたら-3

対話形式の連載形態ブログです。
1話完結ではありませんので
前の記述ご覧ください
登場人物  ちー坊 (^θ^) 好奇心旺盛な紅顔の美少年(?)
        ゆー君(^-^) ちー坊の親友
        インちゃん(*^_^*) ちー坊のクラスメイト
        ゆう爺(^0_0^) 博学多識、厚顔の好々爺(笑)


(^θ^) ン、ちょっと待って!?
(^0_0^) どした?
(^θ^) このやり方じゃイカンとじゃなか?
(^0_0^) なしてや
(方言解説:なぜ)
(^θ^) 肘伸ばした時と曲げた時の区別にならんじゃんね。
(^0_0^) 肘伸ばしてやった結果は覚えとろーもん?
      それと比べりゃ済むこっちゃ。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ・・・・・・・・
(^0_0^) 覚えとらんのか?
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ・・・・・・・・
(^0_0^) 仕様がないのォ、ンなら取りあえず、今変えた水の味見ぢゃ。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(3人は自分が変化させた水のグラス2個を手にした)
(^0_0^) まず、カルキを抜いた方からぢゃ。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(3人は「カルキ抜けろ」と念じたグラスの水を口に含んだ)
(^0_0^) どうぢゃナ?
(^-^) カルキは抜けているようですが。
(*^_^*) 私もカルキは抜けたような気がします。
(^0_0^) ちー坊はどうなんぢゃ?
(^θ^) ボクのもカルキ抜けたよ。
(^0_0^) 肘を伸ばしてカルキを抜いた時と比べて、まったく一緒か?
(^θ^) 一緒なんじゃない?
      もうコレ、カルキの匂いがしないもの。
(^0_0^) ゆー君とインちゃんもそう思うか?
(^-^) エエまぁ。
(*^_^*) ・・・・・・・
(^0_0^) どうした?
(*^_^*) 私、少し違うような・・・・・・・
(^-^) カルキ、抜けたのじゃなかったの?
(*^_^*) 抜けたのは抜けたのだけど・・・・・・
(^θ^) 味見させてもらってもいい?
(*^_^*) いいわよ。
(ちー坊はインちゃんがカルキを抜いた水の味を確認した)
(^θ^) カルキ、抜けてるじゃない。
(*^_^*) なんだか、抜け方が少し浅いような気がするの。
(^θ^) 浅い?
(*^_^*) 「完璧に」じゃないって言うのかな?
      ・・・・・・・よく分からない。
(^0_0^) ま、いいわ。
      次、カルキ増やした方ぢゃ。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(3人は「カルキ、倍になれ」と念じたグラスの水を口に含んだ)
(^0_0^) どうぢゃ?
(^θ^) カルキ、増えてるような気がするけど。
(^-^) 僕も。
(*^_^*) ・・・・・・・・
(^0_0^) インちゃんは肘を伸ばした時と一緒ではなかったみたいぢゃナ。
(*^_^*) ・・・・・・・・
(^-^) 違ってたの?
(*^_^*) よく分からない。
(^0_0^) では、それを元に戻しなさい。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハ?
(^0_0^) カルキ増やした方にナ、「元の水道水にもどれ」とやるのヨ。
(^θ^) 戻るの?
(^0_0^) 戻るか戻らんか、やってみりゃ判ることぢゃ。
(^-^) そーだよね、増やせるんなら戻せてもおかしくないよね。
(^θ^) でも、どれだけ戻せばいいの?
(^0_0^) 変化させる時に変化量を設定したか?
(^θ^) そんなのしてない。
(^0_0^) だったら、どれだけ戻すかなんて心配しなくていい。
      「元に戻れ」、それだけで充分ぢゃ。
(^θ^) ふ~ん、そーなんだ。
(^0_0^) 判ったナ。
      では、元に戻しなさい。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(3人は肘を身体につけたまま、両手の間隔が開くところまで広げ、
 次いで、徐々に両手の間隔を狭めて、反応の強いポイントを探り、
 自分が宇宙エネルギーと一体化したイメージを描いて、
 「グラスの水、元の水に戻れ」と念じ始めた)

つづく
(^θ^)(^0_0^)クリックありがとうございます ⇒にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
(^-^)(*^_^*)よければ励ましのクリックを ⇒



             《《 前の記事 | この記事のトップ | 次の記事 》》

PageTop