FC2ブログ

治癒院だより

身体の健康と心の癒しをお届けする治癒院のメッセージです

右脳の触覚(温度)-27

対話形式の連載形態ブログです。
1話完結ではありませんので
前の記述ご覧ください
登場人物  ちー坊 (^θ^) 好奇心旺盛な紅顔の美少年(?)
        ゆー君(^-^) ちー坊の親友
        インちゃん(*^_^*) ちー坊のクラスメイト
        ゆう爺(^0_0^) 博学多識、厚顔の好々爺(笑)


(201*年*月**日)
(^0_0^) 学校で意識の温度比べをしてみたかノ?
(^θ^)(^-^)(*^_^*) しました。
(^0_0^) そーか。で、どーだった?
(^θ^) あんまり良く分からなかった。
(^0_0^) ホ、そーか、何回くらいやったのぢゃ?
(^θ^) あれから毎日。
(^0_0^) 毎日やったのか?
(^θ^) うん、昼休みと放課後。
(^0_0^) ほぅ!
(^-^) ですが、期待していたほどの結果は出ませんでした。
(^0_0^) 何を期待していたのぢゃナ?
(^-^) 肘を曲げずに出した反応との差を少なくすることです。
(^0_0^) ワハハハ、そりゃ期待する方が無理っちゅーものぢゃ。
(*^_^*) えっ、そうなのですか?
(^0_0^) よ~く考えてみぃ。
      やり方を習った素人がちょっと練習したからといって、
      すぐにベテランと同列になれるわけはないぢゃろーがナ。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ・・・・・・・・・
(^0_0^) たしかに、ワシは手を伸ばそうと曲げようと同じ結果を出すが、
      それとて、長い間研鑽を重ねて努力したからなのぢゃ。
      君らにはまだ味変えと雲消しと花の寿命伸ばししか教えていない。
      そんな君らが姿勢に関係なく反応を掴むというのは、
      普通に歩く人に逆立ち歩行でスピード競争するに等しい。
(^θ^) だったら、意味ないじゃん。
(^0_0^) 何が?
(^θ^) 学校で肘を曲げてやる意識の温度比べ。
(^0_0^) 趣旨を勘違いしていないか?
(^θ^) 勘違い?
(^0_0^) そーぢゃ。
      ワシが学校でやることを勧めた目的は、
      意識の温かさをランク付けすることではない。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ????
(^0_0^) 交互に反応を出して違いを掴むのが目的ではなかったのか?
(^-^) そうか、反応の違いを知る技術磨きだったんだ。
(*^_^*) 肘を曲げるのは目立たないためだったのよね。
(^0_0^) 判ったようぢゃノ。
(^θ^) そっか、それを肘を伸ばしたときと同じように感じなきゃと・・・・・・・
      弱い反応のままで違いを比べれば良かったんだ。
(^0_0^) そーゆーことぢゃ。
      これを繰り返しやっていると、弱かった反応がいつの間にか、
      肘を伸ばして出した反応とあまり変らずに把握できるようになる。
(*^_^*) へぇ~、そうなのですか
(^0_0^) 論より証拠、やってみることぢゃナ。
(*^_^*) ハイ、もう1回チャレンジしてみます。
(^-^) 僕も。
(^θ^) ボクも。
(^0_0^) 1回と言わず何回でも出来る限り、ナ。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ、分かりました。

    つづく

(^0_0^)(^θ^)(^-^)(*^_^*) 明けましておめでとうございます。
                     今年も応援のクリックをよろしくお願いします。
                      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 



             《《 前の記事 | この記事のトップ | 次の記事 》》

スポンサーサイト

PageTop

右脳の触覚(温度)-26

対話形式の連載形態ブログです。
1話完結ではありませんので
前の記述ご覧ください
登場人物  ちー坊 (^θ^) 好奇心旺盛な紅顔の美少年(?)
        ゆー君(^-^) ちー坊の親友
        インちゃん(*^_^*) ちー坊のクラスメイト
        ゆう爺(^0_0^) 博学多識、厚顔の好々爺(笑)


(^0_0^) いいか、反応ちゅーのはさまざまな事象が、
      波動として伝わってきた結果なのぢゃ。
      その中には強烈な波動もあれば微弱な波動もある。
      強烈な波動以外は感知しませんなんて言うとったら、
      いつまでたっても右脳の感性は向上しないぞ。
(^θ^) 誰もそんなこと言ってないじゃん。
(^0_0^) 「乏しい反応の中から何かを掴む練習」と言ったら、
      皆イヤそうな顔をしたではないか。
(*^_^*) 私達イヤそうな顔なんてしていません。
(^-^) そーですよ、ちょっと難しそうだなと思っただけです。
(^0_0^) 難しいことにチャレンジするのはイヤなのか?
(^-^) そーではありませんが・・・・・・・
(^θ^) 以前、「ワシのルートは簡単じゃ」て言ったじゃん。
(^0_0^) 言うた。
      実際、簡単ぢゃからノ。
(^θ^) でも今、難しいって・・・・・・・・
(^0_0^) 小さく前に倣えするのは難しいのか?
(^θ^) それは簡単だよ。
(^0_0^) だったら何も問題はないではないか。
      ワシのルートは簡単な方法ばかりぢゃ。
(^θ^) 今、難しいことにチャレンジせぇって言ったじゃん。
(^0_0^) あのな、山登りは平坦な舗装道路ばかりではないのぢゃ。
      未舗装の道には小さな凹凸があっても不思議ではない。
      凹凸があっても平坦な舗装道路と同じ歩き方をするか?
(^θ^) 何がネ、凹凸が小さければ跨いで行くし、
      凹凸が大きかったら廻って行くよ。
(^0_0^) 跨ぐときは場合によっちゃ歩幅を変えにゃならん。
      廻って行くときは当然進行方向の変化を伴う。
(^θ^) だけん
(方言解説:だから)何ね?
(^0_0^) 歩幅を変えたり、進行方向を変えたりするのは難しいか?
(^θ^) 誰でん
(方言解説:誰でも)ふつーにするっさい。
(^-^) 意識しなくとも自然とそうしていますよね。
(^0_0^) それは未舗装道路の歩行に慣れているからぢゃ。
      未舗装道路に慣れていなければ歩幅変更も方向変換も、
      そこそこ注意が必要なのではないか?
(^-^) それはまぁ・・・・・・
(^0_0^) ワシはそれを言うとるんぢゃ。
      慣れてくれば簡単なことであっても、
      やり始めの頃は難しく感じることもある。
      難しそうだからといってやろうとしなければ、
      いつまでたっても上達どころか、慣れることも出来はせん。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) 分かりました。

つづく
(^θ^)(^0_0^)クリックありがとうございます ⇒にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
(^-^)(*^_^*)よければ励ましのクリックを ⇒



             《《 前の記事 | この記事のトップ | 次の記事 》》

PageTop

右脳の触覚(温度)-25

対話形式の連載形態ブログです。
1話完結ではありませんので
前の記述ご覧ください
登場人物  ちー坊 (^θ^) 好奇心旺盛な紅顔の美少年(?)
        ゆー君(^-^) ちー坊の親友
        インちゃん(*^_^*) ちー坊のクラスメイト
        ゆう爺(^0_0^) 博学多識、厚顔の好々爺(笑)


(^0_0^) 違いが判ったら止めていい。
(3人は止めようとしない)
(^0_0^) どうした?
      違いが判らんか?
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ・・・・・・・
(暫くして)
(^0_0^) よし、止めていい。
      どうぢゃ、何か判ったかナ?
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ・・・・・・・・・
(^0_0^) 違いは判ったが、さっきと比べたら反応の出方が乏しい、
      そーゆーことなんぢゃろ?
(^θ^)(^-^)(*^_^*) はい。
(^0_0^) なぜぢゃと思うかナ?
(^-^) 肘を曲げていたからですか?
(^0_0^) ま、そーゆーことよナ。
(*^_^*) でも、私は肘を伸ばした状態よりも少し曲げた方が、
      反応が良く分かるような気がするのですが。
(^0_0^) 今も良く判ったか?
(*^_^*) いいえ、今のはちょっと・・・・・・・
(^0_0^) 僅かに曲げたときと、大きく曲げたときの差が出たのヨ。
      身体はノ、波動に対してアンテナの役目を果たすのぢゃ。
      インちゃんはアマ無線の免許を持っていると言っていたナ?
(*^_^*) はい。
(^0_0^) では、アンテナについての知識は持っているわナ?
(*^_^*) 初歩の初歩の知識だけですよ。
(^0_0^) 受信機の性能があまり良くない場合には、
      長いアンテナを使えば受信状態を若干改善できよう?
(*^_^*) ええ、まぁ。
(^0_0^) 高性能受信機ならどうぢゃ?
      性能が劣る受信機と同じ長さのアンテナが必要か?
(*^_^*) 同じ受信状態を維持するだけなら、
      アンテナの長さは同じでなくてもいいと思いますが。
(^0_0^) 肘を曲げるのはアンテナを短くしたのと一緒なのぢゃ。
(^θ^) ゆう爺、それ、ボクらが性能の悪い受信機という意味?
(^0_0^) 悪いとは言っちゃおらんぢゃろーがナ。
(^θ^) ばってん
(方言解説:しかし)そげん(方言解説:そのように)聞こえたもん。
(^0_0^) そこまで自分を卑下しちゃならん。
      今だっちゃ
(方言解説:今も)反応が全然判らんかったわけではなかろーが。
(^θ^) うん。
(^0_0^) ぢゃが、肘を伸ばした場合とでは明らかに違っとったろうがナ?
(^θ^) はい。
(^0_0^) ゆー君とインちゃんも似たようなものぢゃったはずぢゃ。
(^-^) はい、そうです。
(^0_0^) 感性が上がっていったら解消することではあるのぢゃが、
      初心者のときは極端に肘を曲げちゃならんちゅーこっちゃ。
(^θ^) だったら、出来んやんね。
(^0_0^) 何が?
(^θ^) ガッコの机の上でやるやつ。
(^0_0^) 乏しい反応の中から何かを掴む練習になるではないか。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ・・・・・・・・
       
つづく
(^θ^)(^0_0^)クリックありがとうございます ⇒にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
(^-^)(*^_^*)よければ励ましのクリックを ⇒



             《《 前の記事 | この記事のトップ | 次の記事 》》

PageTop

右脳の触覚(温度)-24

対話形式の連載形態ブログです。
1話完結ではありませんので
前の記述ご覧ください
登場人物  ちー坊 (^θ^) 好奇心旺盛な紅顔の美少年(?)
        ゆー君(^-^) ちー坊の親友
        インちゃん(*^_^*) ちー坊のクラスメイト
        ゆう爺(^0_0^) 博学多識、厚顔の好々爺(笑)


(3人は肘を曲げて両手を前に出し、
 テーブルから数センチ浮かせて、
 左右の掌を向かい合わせにした)
(^-^) 両手の間隔はどれくらいがいいのですか?
(^0_0^) 肘を曲げているのはあくまでも応用ぢゃからノ、
      肘を伸ばしたときと基本は一緒ぢゃ。
(^-^) 肩幅くらいにするのですか?
(^0_0^) 肩幅が基本なのではない。
      基本は反応を最も強く感じる間隔ぢゃ。
      今まで肩幅の間隔くらいでやっていたのは、
      たまたまそれが最も反応を強く感じる間隔だっただけぢゃ。
(^θ^) だったら、肘を曲げた状態で両手の間隔を変化させてみるわけ?
(^0_0^) ま、そーゆーこっちゃ。
      両手の間隔を何度か広げたり狭めたりして、
      最も強く反応を感じるところで手を止める。
      これが基本ぢゃからノ。
(*^_^*) とりあえず、今、このスタイルで、
      誰かの意識の温たかさをみてもいいですか?
(^0_0^) そーぢゃナ、どうせやるなら、
      さっきと同じ人物が良かろうナ。
(^θ^) どうして、同じ人物にするわけ?
(^0_0^) 肘を伸ばしたときの反応はさっき出したからナ、
      今度、肘を曲げて反応を出したら、
      伸ばしたときと曲げたときの比較が出来るぢゃろうが。
(^θ^) 差があると?
(^0_0^) やってみりゃ判ることヨ。
(*^_^*) さっきと同じ人物だったら、野○○○と○木監督ですね?
(^-^) それと、美○○○○さん。
(*^_^*) あ、そーよね。
(^0_0^) やり方はさっきと一緒ぢゃ。
      美○○○○からみてみなさい。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) はい。
(3人は宇宙の中心から自分に向ってエネルギーが流れ込み、
 自分が宇宙エネルギーに満たされて光り輝いているイメージをして、
 「美○○○○さんの意識」と強く念じ始めた)
(^0_0^) 美○○○○の反応が出たら次は野○○○ぢゃ。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(3人は宇宙エネルギーとの一体化を維持したまま、
 「野○○○さんの意識」と強く念じる)
(^0_0^) 判ったら次は○木監督ぢゃ。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(3人は宇宙エネルギーとの一体化を維持したまま、
 「○木監督の意識」と強く念じた)

つづく
(^θ^)(^0_0^)クリックありがとうございます ⇒にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
(^-^)(*^_^*)よければ励ましのクリックを ⇒



             《《 前の記事 | この記事のトップ | 次の記事 》》

PageTop

右脳の触覚(温度)-23

対話形式の連載形態ブログです。
1話完結ではありませんので
前の記述ご覧ください
登場人物  ちー坊 (^θ^) 好奇心旺盛な紅顔の美少年(?)
        ゆー君(^-^) ちー坊の親友
        インちゃん(*^_^*) ちー坊のクラスメイト
        ゆう爺(^0_0^) 博学多識、厚顔の好々爺(笑)


(^0_0^) ただノ、何度も言うようぢゃが、
      基本はあくまでも肘を伸ばすスタイルぢゃからナ。
(^θ^) なんでヒジにこだわるわけ?
(^0_0^) ヒーリングを考えてみぃ。
      相手は目の前にいるのぢゃぞ。
      そこで小さく前に倣えの形を作ったらどうなると思うや?
(*^_^*) プッ
      くっついちゃいますね。
(^θ^) あ、そーか。
(^0_0^) ヒーリングの時はイヤでも肘を伸ばさにゃならん。
      ぢゃから、あんまり変な癖はつけておかないようにしとるんぢゃ。
(*^_^*) では、私、肘を曲げてはいけなかったのですね。
(^0_0^) イヤ、伸ばすちゅーても力を込めて伸ばすわけではない。
      力を込めて精いっぱい伸ばしたりしたら却って良くない。
(^-^) どうしてですか?
(^0_0^) 肘を伸ばすことばかりに気をとられて、
      肝心な反応の分析がおろそかになるからヨ。
(*^_^*) だったら、どうすれば・・・・・・・・
(^0_0^) 力を入れることなく、自然に伸ばしておればいい。
(*^_^*) 少し肘が曲がってもいいのですか?
(^0_0^) 構わんが、多分曲げることはないぢゃろうノ。
(*^_^*) そうなのですか?
(^0_0^) ま、実際にやってみれば納得いくぢゃろ。
      ゆー君ちょっと立ってみなさい。
(^-^) はい。
(ゆー君が立ち上がった)
(^0_0^) 立ったまま普通に楽にしておけばいい。
(^-^) はい。
(^0_0^) インちゃん、ゆー君の左側に立ってみなさい。
(*^_^*) はい。
(インちゃんがゆー君の左側に立った)
(^0_0^) インちゃん、ゆー君の心臓の位置は判るナ?
(*^_^*) はい、大体。
(^0_0^) 味変えや切り花の寿命伸ばしの要領で、
      ゆー君の心臓に手をやってみなさい。
(*^_^*) ????
(^0_0^) ゆー君の心臓の位置に、味変えのグラスや、
      寿命伸ばしの切り花があると思えばいい。
(*^_^*) はい。
(インちゃんはゆー君の方に向き直り、
 自分の肩幅程度に開いた両手を、
 ゆー君の心臓の位置に上げた)
(ゆー君の前にインちゃんの左手が、
 ゆー君の背中側にインちゃんの右手がある)
(^0_0^) それがヒーリングの姿勢になるが、
      どうぢゃ、肘は曲げられそうか?
(*^_^*) イイエ、無理です。
(^0_0^) 腕をピンと伸ばしていたら辛くなるから、
      ちょっとくらい肘を曲げても構わんが、
      それ以上曲げるのは無理ぢゃろう?
(*^_^*) はい。
(^0_0^) 普通にこの姿勢が取れるように、
      初めから肘を伸ばす姿勢をとらせているのヨ。
(^θ^) なるほど。
      でも、なんで左側に立たせたの?
      右側でもいいんじゃない?
(^0_0^) 手をやったのが心臓だったからぢゃ。
      肝臓なら右側に立つほうが楽ぢゃ。
      あ、二人とも、もう座っていいいぞ、ご苦労さん。
(ゆー君もインちゃんも腰を下ろす)
(^-^) 診る部位の近くの側に立つというわけですか?
(^0_0^) そーゆーことぢゃナ。
(^θ^) な~るほどねぇ。
(^0_0^) そのことをよ~く理解した上で、
      肘を曲げて手を机の上に出すのぢゃ。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。

つづく
(^θ^)(^0_0^)クリックありがとうございます ⇒にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
(^-^)(*^_^*)よければ励ましのクリックを ⇒



             《《 前の記事 | この記事のトップ | 次の記事 》》

PageTop

右脳の触覚(温度)-22

対話形式の連載形態ブログです。
1話完結ではありませんので
前の記述ご覧ください
登場人物  ちー坊 (^θ^) 好奇心旺盛な紅顔の美少年(?)
        ゆー君(^-^) ちー坊の親友
        インちゃん(*^_^*) ちー坊のクラスメイト
        ゆう爺(^0_0^) 博学多識、厚顔の好々爺(笑)


(^0_0^) 今から教えるやり方はテーブルを前にして座っている時に使うといい。
(^θ^) 机でも良
(よ)かと?
(^0_0^) いいぞ。
(^θ^) なら、学校でも出来るね。
(^0_0^) そのために教えるのぢゃ。
(^θ^) あ、そーか。
(^0_0^) 意識の重さ比べの時は肘を曲げて掌を上に向けたよナ?
(^θ^)(^-^) (*^_^*) はい。
(^0_0^) 今回は掌を向き合わせるのぢゃ。
(ちー坊が肘を軽く体に付けて左右の掌を向かい合わせた)
(^θ^) これって「小さく前に倣え」の形だけど?
(^0_0^) そーぢゃヨ。
      基本は肘を伸ばして「前に倣え」の姿勢をとるのが普通ぢゃが、
      それが出来ない場合は「小さく前に倣え」でも仕方ない。
(^θ^) どう違うの?
(^0_0^) 何が?
(^θ^) 「普通の前に倣え」と「小さく前に倣え」。
(^0_0^) どうも違わん、一緒ぢゃ。
(^θ^) だったら最初から「小さく前に倣え」でもいいじゃん。
      ヒジ曲げて「小さく前に倣え」の格好の方が楽なんだから。
(^0_0^) 「小さく前に倣え」のときは肘が身体に当たるぢゃろ?
(^θ^) うん。
(^0_0^) 肘が身体に当たっておれば意識がそちらに向きやすいから、
      掌の反応に向ける注意力が分散されるのヨ。
      僅かな反応でも確認できるベテランならそれでもいい。
      が、しかし、明瞭な反応でさえも判らない初心者は、
      全部の注意力を反応だけに向ける方がいいのぢゃ。
      そのためには余分な触感はない方がいい。
(^-^) なるほど。
(*^_^*) ですが、私には肘を曲げてもいいと仰いましたよ。
(^0_0^) あれはノ、「肘を曲げた方が反応を掴みやすい」と、
      インちゃんが言うたからぢゃ。
      重要なのは姿勢や格好より、如何に正確に反応を掴むかで、
      反応を掴む邪魔になるような姿勢は取らんほーがいいということぢゃ。
(^θ^)(^-^)(*^_^*) 分かりました。
(^0_0^) で、机の上で「小さく前に倣え」の格好をするのぢゃが、
      手を机に触れさせてはならん。
(^θ^) なして
(方言解説:なぜ)
(^0_0^) いま言うたろーが。
(^-^) 何かに触れたら触感を感じるから、
      反応に対する注意が散漫になる、
      ということですね?
(^0_0^) そーそー、その通り。
(*^_^*) 机と手はどれくらい離せばいいのですか?
(^0_0^) 何センチ以上という決まりはない。
      手が机に着いてなければそれでいい。
(*^_^*) はい、分かりました。
(^θ^) 普通に席に着いて、手を机の上に出しているだけみたいだよね。
(^0_0^) そーぢゃ、その格好なら恥ずかしくなかろう。      
(^θ^)(^-^)(*^_^*) はい。

つづく
(^θ^)(^0_0^)クリックありがとうございます ⇒にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
(^-^)(*^_^*)よければ励ましのクリックを ⇒



             《《 前の記事 | この記事のトップ | 次の記事 》》

PageTop

右脳の触覚(温度)-21

対話形式の連載形態ブログです。
1話完結ではありませんので
前の記述ご覧ください
登場人物  ちー坊 (^θ^) 好奇心旺盛な紅顔の美少年(?)
        ゆー君(^-^) ちー坊の親友
        インちゃん(*^_^*) ちー坊のクラスメイト
        ゆう爺(^0_0^) 博学多識、厚顔の好々爺(笑)


(^-^) ま、たしかに。
(^θ^) でも、手はどうするの?
      オーラ視のときは手の反応を観るわけじゃないから、
      手は伸ばさず、普通にしてたんだけど、
      意識の温度比べは手を使うんだろ?
      通学途中は無理だし、ガッコの中だってやり辛いよ。
(^0_0^) 通学途中は鞄を持っているから無理かもしれんが、
      学校の昼の休み時間なら手は空いているんぢゃから、
      なんぼでも出来るではないか。
(^θ^) 手ぇ使うんだろ。
(^0_0^) そーぢゃ。
(^θ^) 恥ずかしいよ。
(^0_0^) ぢゃろーナ。
(^θ^) ムカッ
      それ分かってて、やらせようとしてるわけ?
(^0_0^) ま、ちょっと待て。
      新しいやり方を教えようと思っちょるんぢゃから。      
(^θ^) なんだ、そーだったの。
      ゴメン。
(^0_0^) ま、えーわい。
      ところで、3人とも、味変えは毎日やっているナ?
(*^_^*) はい。
(^-^) やってます。
(^θ^) ボクもやってるよ。
(^0_0^) 雲消しは?
(^-^) 天気次第です。
(^θ^) 手ごろな雲が出てない日は出来ないものね。
(^0_0^) 出来る条件の日はやっているのぢゃナ?
(^θ^)(^-^)(*^_^*) ハイ。
(^0_0^) 花の寿命伸ばしはどうぢゃナ?
(*^_^*) 毎日やっています。
(^0_0^) 植物との会話は?
(*^_^*) しています。
(^0_0^) ゆー君とちー坊はどうなのぢゃ?
(^θ^)(^-^) ・・・・・・・・・
(^0_0^) なんぢゃ、やっとらんのか。
(^θ^) 時々はやってるけど・・・・・・
(^-^) 僕も。
(^θ^) 部活のある日は家に帰った時はもう日が暮れてるから、
      暗い中、庭に出てやるのはちょっと・・・・・・・
(^-^) 僕も同じです。僕の家の庭は暗いから。
(^0_0^) 無理に庭に出らんでも、家の中に花は活けてないのか?
(^θ^) 毎日は活けてないみたい。
(^0_0^) 男の子が花を買って来て自分で活けるわけにもいかんか。
(^θ^) そーだよ、花屋へ行った途中で誰かに会ったらどうするの。
      「花なんか持ってどうするんだ」って言われちゃうよ。 
      恥ずかしいじゃん。
(^-^) お母さんに「毎日花を活けてよ」って言うのも照れくさいし・・・・・・・
(^0_0^) インちゃんと差がつくだけぢゃぞ。
(^θ^)(^-^) ・・・・・・・・
(^0_0^) 本来ならその程度では次には進めんのぢゃが、
      ブログの進行の兼ね合いもあるらしいから、特別に教えよう。
(^θ^)(^-^) ありがとうございます。

つづく
(^θ^)(^0_0^)クリックありがとうございます ⇒にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
(^-^)(*^_^*)よければ励ましのクリックを ⇒



             《《 前の記事 | この記事のトップ | 次の記事 》》

PageTop

右脳の触覚(温度)-20

対話形式の連載形態ブログです。
1話完結ではありませんので
前の記述ご覧ください
登場人物  ちー坊 (^θ^) 好奇心旺盛な紅顔の美少年(?)
        ゆー君(^-^) ちー坊の親友
        インちゃん(*^_^*) ちー坊のクラスメイト
        ゆう爺(^0_0^) 博学多識、厚顔の好々爺(笑)


(^-^) 極悪非道な行いをした人の意識は観てはいけないって言われましたよね?
(^0_0^) 危険防止の意味でナ。
(*^_^*) どんなふうに危ないのですか?
(^0_0^) 裸で極寒の戸外に立っていたらどうなると思うかナ?
(^θ^) 風邪を引く。
(^0_0^) 極寒ぢゃぞ。
(^-^) 肺炎になる。
(^0_0^) それだけか?
(*^_^*) 凍傷に罹るかもしれませんね。
(^0_0^) 最悪の場合はどうなる?
(*^_^*) 凍死ですか?
(^0_0^) そーゆーことよナ。
(*^_^*) 極悪非道の意識を観ると凍死しちゃうのですか?
(^0_0^) 例えぢゃ、た・と・え。
      極悪非道の意識を極寒の環境だと仮定した場合に、
      まだ無防備に近い君らクラスではどうなるか、という話ヨ。
(^θ^) 実際はどうなるの?
(^0_0^) いろいろぢゃナ。
      反応を出した意識にもよるが、それを観る人にもよる。
      大体において、頭が痛くなるのは共通しているみたいぢゃがナ。
      あとは心臓が苦しくなったり、底冷えがしたり、
      場合によっては重症化した病気の症状が出たりする。
      軽くてもムカムカして吐き気を催したり、
      対人関係に不調和をもたらしたりすることもある。
(^-^) それって、憑依とかいう・・・・・・・・・
(^0_0^) イヤ、憑依までは行かん。
      単に影響を受けてしまったというだけの段階ぢゃ。
(*^_^*) 影響だけでそんなになるのですか
(^0_0^) だから、極悪非道の意識の反応は出すな観るなと言うとるのヨ。
      自己責任で、自分は病気になっても構わない、
      人生を狂わされてもいいというなら、観るのは自由ぢゃ。
      勝手にど~ぞと言うしかないがノ。
(^θ^) イヤだよ、そんなの
(^-^) 僕も。
(*^_^*) 私も。
(^0_0^) よしよし、それでいいんぢゃ。
(^θ^) 次は何やるの?
(^0_0^) AとBの反応を交互に出して、反応の違いを知る技術磨きぢゃ。
(^θ^) 今やったのと同じことをやるわけ?
(^0_0^) あぁ、何度でもナ。
      反応を出す対象を換えれば、何度やっても新しい印象を受ける。
      飽きることはないはずぢゃ。
(^θ^) 反応を観る対象を考えるのがちょっと・・・・・・
(^0_0^) 何ぃ言うとる。
      オーラ視の訓練をやったときと同じようにすればいいだけのことヨ。
(^-^) オーラ視の訓練は通学途中や学校でしましたけど。
(^0_0^) 対象は誰にするかなんぞ考える余裕はないくらい、
      いっぱいいたぢゃろーが。   

つづく
(^θ^)(^0_0^)クリックありがとうございます ⇒にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
(^-^)(*^_^*)よければ励ましのクリックを ⇒



             《《 前の記事 | この記事のトップ | 次の記事 》》

PageTop

右脳の触覚(温度)-19

対話形式の連載形態ブログです。
1話完結ではありませんので
前の記述ご覧ください
登場人物  ちー坊 (^θ^) 好奇心旺盛な紅顔の美少年(?)
        ゆー君(^-^) ちー坊の親友
        インちゃん(*^_^*) ちー坊のクラスメイト
        ゆう爺(^0_0^) 博学多識、厚顔の好々爺(笑)


(*^_^*) 私は温かみに差を感じる箇所の数が違うと思ったのですけど。
(^θ^) 温かみの差って、野○○○と○木監督の温かみの差?
(*^_^*) ううん、そうじゃなくって、
      ひとりの人の反応で温かみが違う箇所があったの。  
      ふたりとも差のあるところが何箇所かあったのだけれど、    
      その数が同じじゃなかったの。
(^θ^) ふ~ん、そんな反応が出てたんだ。
(^0_0^) ま、最初ぢゃからノ、
      それぞれが感じた反応に違いがあっても仕方ないワイ。
(^-^) 同じ反応を感じなければいけないのですか?
(^0_0^) いけないということはない。
      慣れてくれば皆同じ反応を感じるようになるのヨ。
(^θ^) そーなの?
(^0_0^) 考えてもみぃ。
      みんなで同じ放送局にチャンネルを合わせているのぢゃ。
      見る番組は当然同じものぢゃろうが。
      合わせたチャンネルは同じなのに、ある人はフジテレビ、
      他の人はNHKの放送をやっとったちゅーことはないわいナ。
(^θ^) 感じた反応が違うのは?
(^0_0^) 画面のどこを見ていたか、ヨ。
      画面の右上隅に視点を合わせていた人と、
      画面の左下隅に視点を合わせていた人では、
      同じ番組といっても印象は違ってくる。
(*^_^*) そのようなことがあるのですか?
(^0_0^) 自動車の運転免許を持っている人なら覚えがあるはずぢゃ。
      自動車教習所で運転を習っている時は目の前しか見とらん。
      免許取って運転に慣れてくると周囲の景色を楽しむ余裕も出てくる。
      要は初心者とベテランの差ぢゃナ。      
(^θ^) ベテランになると反応全体に注意が向くということですか?
(^0_0^) ま、そーゆーことぢゃノ。
(^θ^) で、インちゃんの反応は何だったの?
(^0_0^) 意志の差ぢゃナ。
(^θ^)(^-^) ????
(*^_^*) 意志の差、ですか?
(^0_0^) 全体的にベースとなる温かみがあるわノ?
(*^_^*) はい。
(^0_0^) その中に温かみの違う箇所があったというわけぢゃろ?
(*^_^*) はい、そうです。
(^0_0^) 全体的な温かみがその人の人間性ぢゃ。
(^θ^) 周りと温かさが違う箇所は?
(^0_0^) それはノ、関心がある対象への意志の強さを表わしておる。
(^-^) 意志の強さって温度なのですか?
(^0_0^) 温度の反応としても把握ができるというこっちゃ。
      意志の強さを情熱と言うぢゃろうが。
(^-^) はい。
(^0_0^) 情熱つまり気持ちの熱、すなわち温度なのぢゃ。
(^θ^) ふ~ん、なるほどね。

つづく
(^θ^)(^0_0^)クリックありがとうございます ⇒にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
(^-^)(*^_^*)よければ励ましのクリックを ⇒



             《《 前の記事 | この記事のトップ | 次の記事 》》

PageTop

右脳の触覚(温度)-18

対話形式の連載形態ブログです。
1話完結ではありませんので
前の記述ご覧ください
登場人物  ちー坊 (^θ^) 好奇心旺盛な紅顔の美少年(?)
        ゆー君(^-^) ちー坊の親友
        インちゃん(*^_^*) ちー坊のクラスメイト
        ゆう爺(^0_0^) 博学多識、厚顔の好々爺(笑)


(^0_0^) このブログは君ら3人だけが相手なのではない。
      ひとりでも多くの人に右脳の能力に気づいてもらい、
      右脳の作用を身につけて、宇宙の真実を体験してほしい、
      そういう願いを込めたブログなのぢゃ。
(^θ^) それは分かっているよ。      
(^0_0^) 実際に対面して実験しているなら、
      相手に応じて適切にいろんなアドバイスが可能ぢゃが、
      ブログでは記事を通して理解してもらわにゃならんから、
      反応の総合的な把握や解説が難しいのヨ。
      いきおい、個々の反応の把握と解説にならざるを得ん。
(*^_^*) 通信教育みたいなものなのね。
(^-^) ホントだね。
(^0_0^) ぢゃから、少し難しいかな、とは思いつつも、
      このようなやり方をとっているのヨ。
(^θ^) ゆう爺は誰でも出来る簡単な方法だと言っていなかったっけ?
(^0_0^) 言うた。
      実際どこの何よりも簡単に右脳の作用を知る方法ぢゃ。
(^θ^) でも、特定の反応だけを抽出する方が難しいって言ったじゃない。
(^0_0^) 対面指導なら、ワシにはその人に出ている反応が判るから、
      ひとつひとつの反応についての対処も説明も可能ぢゃ。
      しかしノ、通信教育ではそうはイカンのヨ。
(^θ^) ・・・・・・・
(^0_0^) で、対面指導している君らには気の毒ぢゃが、
      この際、ブログの読者と同じ立場でやってもらおうと思ったのぢゃ。
(^θ^) ふ~ん、ボクらも通信教育なのか。
(*^_^*) 仕方ないじゃないの。
(^-^) ゆう爺に任せておこうよ。
(^θ^) それもこれも管理人に文才がないからだろ?
(^0_0^) ま、否定はせんがノ。
(*^_^*) また、それを言って。
      どうしようもないことを言っても仕方ないのよ。
(^-^) いいから、先に進も。
      ゆう爺、反応の総合的な把握について解説してくれませんか?
(^0_0^) 要はナ、5つの感覚すべてで反応を把握できるのぢゃが、
      とりあえず、五感をひとつずつ実験実証しているのヨ。
(^-^) それは分かります。
(^0_0^) で、今やっているのは触覚の反応なのぢゃが、
      触覚にはいろんな知覚作用があってナ、
      反応にはすべての知覚作用が働くのぢゃ。
(^θ^) 重い軽い、熱い冷たい、滑らかガサガサ、凹凸、そういったこと?
(^0_0^) そーそー、およそ触って判ることなら全てぢゃナ。
      それが触覚における総合的な反応ということになる。
(^-^) そうか、温度の反応を観るときは温度以外の反応は無視するようにって、
      ゆう爺から最初に言われていたんだよね。
      やっぱり、温度の反応じゃない反応を言った僕が悪かったんだ。
(^0_0^) ゆー君は温度の反応と捉えたのぢゃから、それでいいではないか。
      右脳の作用を使うときは楽しくやるのが一番。
      楽しくない右脳の作用ならやらん方がいい。
      
つづく
(^θ^)(^0_0^)クリックありがとうございます ⇒にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
(^-^)(*^_^*)よければ励ましのクリックを ⇒



             《《 前の記事 | この記事のトップ | 次の記事 》》

PageTop